きたつな学童クラブ 事業所理念


1.基本理念

私たちは、保護者と『子育てのパートナー』として連携・協力し子どもの健やかな成長のための育成支援を行います。
★子どもには
安心して過ごせる居場所となるよう、一人一人のペースに合わせた育成支援を丁寧に行います

★保護者には
安心して仕事、子育てが両立できるように支援をしていきます。

★地域には
子どもたちの日常生活の場である地域の皆様と密に連携し、地域に貢献できる事業所を目指します。

2. 具体的な子どもへの育成支援方針

子どもを一人の人格を持つ人間として接します
子どもに丁寧かつわかりやすい言葉で接します
子どもに様々なことを考えてもらいます

【年間目標】

集団生活 一人はみんなのために、みんなは一人のために。
仲間意識を高めよう。
自由と規律を大切に、やるときはやろう。
気持ちの良い言葉を使おう。
 春:環境の変化になるべく早く順応し、新しい生活リズムを確立しよう。
 夏:生活班をもとに、お互い支え合って生活しよう。
 秋:小さな集団から大きな集団で意欲をもって生活しよう。
 冬:一人ひとりが自信を持ち、次の学年へと進級する準備をしよう。
子ども同士 お互いに個性を認め合おう。
笑顔と思いやりを忘れないようにしよう。
あそび 体を十分に動かして、いろいろなあそびを楽しもう。
保育者や友だちを信頼し、安心して自分のしたいあそびに取り組もう。
技術が必要なあそびにもチャレンジしよう。
 春:原始的なあそびも含め、あそびの楽しさ・大切さを再認識しよう。
 夏:学年を超え、大きな集団であそんでみよう。
 秋:行事・取り組みを通して小集団から大集団でのあそびにも取り組もう。
 冬:技術が必要なあそび、マラソンにチャレンジしよう。
食べることの大切さ、感謝の気持ちをもとう。
大勢で食べることの機会を大切にしよう。
食材の"旬"や"本物"に触れてみよう。
積極的におやつ・ごはんを作ろう。
健康・衛生 手洗い・うがいを行い、日常的に病気を予防しよう。
身だしなみを整えよう。
暑さ寒さを感じ、自分で衣類の調節をしよう。
衣類の汚れに自分で気付けるようにしよう。
緊急時への備え 定期的に災害時にどう行動するか、考えてみよう。
少しでも自分で自分のことを守れるようになろう。
保護者とともに 日常的にこどもの様子を伝えます。
個人面談・懇談会などの開催を呼びかけます。
こどもについて、ともに成長を考えていきます。
高学年活動目標 4年生以上だからこそできることに挑戦しよう。
自分たちで計画を立ててみよう。
出来る役割を担い、個性を発揮しよう。
「今」を大切にしよう。
  • ごあいさつ
  • 事業所理念
  • 施設案内
  • 特徴・職員紹介
  • 1日の予定
  • 年間行事
  • 入所案内+よくある質問
  • お問い合せ

  • 利用者専用ページ

きたつな学童クラブのブログ
きたつな学童クラブの子供たち