きたつな学童ブログ

さらに夜。
この日はOBのたか・たくみんコンビニアルバイトに来てもらいっていました。
この二人から「先生、保護者会が終わったら飲みにいきましょう。としくんの店へ!!」
もう20歳を超えているOBからキャリア初めての飲みのお誘い。
これはもう感無量でした。
しかもお店のチョイスがとしくんのお店「炭火岳人」。
最高です。もう彼らは泣かせる気まんまんです。

この二人は15年前、初めて指導員になった私の1年目の時の1年生。
かれこれ15年の付き合いです。
あちこちで公言していますが、彼らと、当時の保護者の皆様が僕を指導員として育ててくれました。
彼らは僕にとってはかけがえのない存在、いわば『同期』なのです。
初めてラーメンを作ろうと企画したのも彼らとでした。
ケンタッキーの骨で鳥の模型を作ろうとしたのも彼らとでした。
ザリガニを青くしようと、釣ってきて毎日サバの切り身をあげていたのも彼らとでした。
手打ちうどんを行ったのも彼らとでした。
針金ハンガーを改造して「ダウジング」をやったのも彼らとでした。
外遊びからいつも肩を組んで一緒に帰ってきたのも彼らでした。
捨ててある車のホイールを「UFO」といって浩ってきたのも彼らでした。
彼らの卒業式で来賓なのに来賓席でずっと号泣していたのは僕でした。

そんな二人と一緒にお酒を飲めるなんて...
としくんのお店ではあやちゃんもいて最後はちょっとした同窓会。
こどもに助けてもらい、保護者の皆様に育ててもらい、今に至る自分がすごく幸せでした。

鴨居の駅で横浜線に乗り帰宅する際、彼らとは電車の方向が別でした。
握手でお別れをし、菊名方面の電車に乗り込み、発車すると...
電車にむかってお辞儀しているたか・たくみんコンビ。
僕はかっこよく手を上げると暗い窓を見ながら。。。
菊名の駅まで涙が止まりませんでした。
二人ともいろんな苦労を乗り越えたね。
大人になったね。
いつも手伝いに来てくれてありがとね。

としくん、あやちゃんありがとね。
二人の支えがあったから指導員の交代があってもやってこれたよ。
今のおやつや食事作りの原型はふたりのおかげだよ。
本当に楽しかったよ、あの頃は。
飲み過ぎた僕は涙腺が相当に弱かったです。
(続く)

皆様、ご無沙汰しております。
最近、うれしいことが続いたので、UPします。

先日土曜日のできごとです。
(世間のようにバレンタインでチョコをたくさんもらった...という話ではありません)
保護者会準備をせねばと、午前中にとぼとぼと出勤すると、
OBのこうちゃん(中3)がすでにクラブにやってきていました。
「無事に第一志望の高校に合格しました!」
わざわざ報告に来てくれたのです。
直立不動で、しっかりとした口調での報告でした。
彼は当時存在していた「きたつな野球部」のエースピッチャーで(ベイスファンでした)
毎日のように外遊びで野球をやり、緊張しながらも菊名こどもクラブとの交流戦で
先発して、チームプレーに徹していました。
どこか体の線が細く、声は大きくというどこかなよなよっとした印象の男の子でしたが・・・・
この春から高校生だそうです。
まっしーの感慨もひとしおです。

午後になり、昼食を済ませ、調子の悪いPCと向き合いながら
予算案の大詰めを行っていると・・・・
「コンコン」とドアをノックする音。
引き戸をガラッとあけ、「ご無沙汰しています!」とやってきたのは...
こうちゃんと同じ代のOBまつけん(中3)。
「進路が決まったので報告に伺いました!」
こちらも直立不動でしっかりとした口調での報告です。
彼は当時の「きたつな野球部」のキャプテンでした。
体が大きく、力持ち。気は優しくて、笑顔がステキな少年でした。
下級生のお手本となり、とても頼れる上級生でした。
「何かあれば声をかけてください。お手伝いします!」
泣かせてくれるセリフです。
中年男の涙腺はもはやゆるゆるです。

この代は結構やんちゃな男子が多く、当時は毎日のように
「あいさつ!」と声をかけていたのです。
こうやって改まって訪ねてきてくれるとは・・・
本当にこのクラブで働いてきてよかったなぁと感慨深いです。

~続く~

皆様、ご無沙汰しております。
最近、うれしいことが続いたので、UPします。

先日土曜日のできごとです。
(世間のようにバレンタインでチョコをたくさんもらった...という話ではありません)
保護者会準備をせねばと、午前中にとぼとぼと出勤すると、
OBのこうちゃん(中3)がすでにクラブにやってきていました。
「無事に第一志望の高校に合格しました!」
わざわざ報告に来てくれたのです。
直立不動で、しっかりとした口調での報告でした。
彼は当時存在していた「きたつな野球部」のエースピッチャーで(ベイスファンでした)
毎日のように外遊びで野球をやり、緊張しながらも菊名こどもクラブとの交流戦で
先発して、チームプレーに徹していました。
どこか体の線が細く、声は大きくというどこかなよなよっとした印象の男の子でしたが・・・・
この春から高校生だそうです。
まっしーの感慨もひとしおです。

午後になり、昼食を済ませ、調子の悪いPCと向き合いながら
予算案の大詰めを行っていると・・・・
「コンコン」とドアをノックする音。
引き戸をガラッとあけ、「ご無沙汰しています!」とやってきたのは...
こうちゃんと同じ代のOBまつけん(中3)。
「進路が決まったので報告に伺いました!」
こちらも直立不動でしっかりとした口調での報告です。
彼は当時の「きたつな野球部」のキャプテンでした。
体が大きく、力持ち。気は優しくて、笑顔がステキな少年でした。
下級生のお手本となり、とても頼れる上級生でした。
「何かあれば声をかけてください。お手伝いします!」
泣かせてくれるセリフです。
中年男の涙腺はもはやゆるゆるです。

この代は結構やんちゃな男子が多く、当時は毎日のように
「あいさつ!」と声をかけていたのです。
こうやって改まって訪ねてきてくれるとは・・・
本当にこのクラブで働いてきてよかったなぁと感慨深いです。

~続く~

  • ごあいさつ
  • 事業所理念
  • 施設案内
  • 特徴・職員紹介
  • 1日の予定
  • 年間行事
  • 入所案内+よくある質問
  • お問い合せ

  • 利用者専用ページ
  • (2018/9/7更新)
きたつな学童クラブの子供たち